読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そういう類いのものじゃなくて

思ったことをぶっ飛ばす

テキストisプア

こんにちは、イケダユウトです。

僕は思う。

テキストisプアだ。

テキストは終わりを告げているいるのかもしれない。

はてなブログのおすすめの記事を見ればわかるが、絵を使ったブログが最近多く掲載されていることに気づいた。

絵を使った記事はよく取り上げてもらえると感じる。

そう、テキストisプアだ。

ただただテキストにゴリゴリと書いてもたぶん、おすすめ記事には載らない。

テキストisプアなのだ。

この流れは最近よくあることだろう。

YouTubeがその例だ。

多くの人は見ることが好きだ。

しかし、読むことはあまり好きではない。

今、読書をする人間はいくらいるのだろうか?

少ないだろう。

年々読書をする人も読書する時間も減っている。

そう、文字を読むという行為は減ってきているのだ。

テキストisプアだ。

たぶん、この流れは加速する。

人々は見ることを楽しむ。

そして、読むことを楽しまなくなる。

テキストisプアだ。

ある人間がゴリゴリに書き殴って書き殴って書いた文よりも、ある人間が書き書きした絵の方が良いということなのだろう。

僕は悲しい。

多くの人が読むことから離れることが。

僕は悲しい。

多くの人が去ってしまうことが。

しかたないことだ。

時代の流れなのだから。

それでも僕は書くよ、テキストを

それでも僕は書く。

ゴリゴリ書くよ。

ゴリゴリゴリゴリテキストを書く。

たとえ、テキストisプアだとしても書く。

自分の書きたいことを書き殴って書き殴って書き殴る。

僕は書きたいんだ。

ただただ書きたいだけ。

ネタも面白いことも、知識も経験も何もないけど書く。

ただそれだけ。

ただ書くことが好きだから。

テキストが好きだから。

たとえ、ブログが絵に支配されようと僕はテキストを書く。

いいや。

もしかすると、ブログが絵に支配される頃には僕も絵を描いているかもしれない。

でも、できる限りテキストを書こうと思う。

書いて書いて書きまくる。

それしかないから。

PVが欲しければ炎上させればええさ。

収益が欲しければ絵を描けばええさ。

けど、僕はしない。

ただただゴリゴリテキストを書く。

それだけ。

まっさらな白にただただ書く。

それだけ。

僕はそうしたい。

やがて、PVも収益も何もかもなくなっても書く。

それでいい。

ただ書くことを楽しめればそれでいい。

欲には限界はない。

ただただ書く。

それでいい。

書くことを続ける。

ただそれだけでいい。

書くことができればそれでいい。

どこの馬の骨だかわかんねえやつの全部書き殴って書き殴って書き殴った文で十分。

僕は読むよ。

その文。

それだけでもいいんだ。

誰かが読んでくれるから。

 

以上。