読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そういう類いのものじゃなくて

思ったことをぶっ飛ばす

ブログやめます。と宣言する人について

こんにちは、イケダユウトです。

kopelani.hatenablog.jp

↑こちらの記事を見てネタが思いついたので書きます。

と、いうよりか便乗です。

 

わざわざ、やめる宣言なんてしなくていい

たまに「ブログ辞めます」とブログで記事にする人いるけど、ホントにやめるのかと疑問に思う。

ていうか、「ブログ辞めます」宣言をする人のなかでホントにブログを辞める人って少ない。

数日とか経てば勝手に復活している。

ホントにブログをやめてしまう人は更新が止まって放置が王道である。

辞めると宣言する人に限ってホントは辞めたくないという矛盾がある。

かまってちゃんかどうかは知らないけど、辞める宣言して読者の反応を見て、やっぱり復活します。というのは傍から見てる人にとっては炎上芸みたいなことやってるなという印象を与えるし、読者になってくれてブログを更新するたびに見てくれている人に失礼だと思う。

 

ブログの更新やめますでOK

「ブログ辞めます」という宣言は大げさだなと思うし、万が一ブログを再開したくなった時に困るから「ブログ辞めます」ではなくて「ブログの更新辞めます」でいいと思う。

「ブログの更新辞めます」にしとけばブログを放置してもいいし、再開したい時に再開できるから問題ない。

 

ブログ辞めますと言ったのにまた復活するのが問題

ブログ辞めますと言っときながら、復活するのが一番の問題。

ブログ辞めますと宣言したにもかかわらず、やっぱり続けますという芸は読者に不快というか違和感を与える。

ロゴなんちゃらというブログの人が辞めます宣言して、復活したけどまた辞めます宣言してた。

彼がホントにブログ辞めるかどうかはわからないけど、もし復活したら彼がした「辞めます宣言」はただの芸であることになる。

「辞めます宣言」の芸は読者の信頼を裏切る行為なので辞めた方がいい。

 

ブログ放置する前に一言欲しい

読者になっているブログでたまになくなっていたり、非公開になってたりするものがあるけど、どうしたのかなと気になる。

できれば、記事で理由を書いて欲しいというのが僕の思い。

ブログは放置していいし、理由はそのまま書けばいい。

書くのがめんどくさいとかつまらなくなったとかでいい。

ブログ放置の理由の99%はそれだから。

 

ブログの更新をやめることと、理由を書いてくれればそれでいい。

「ブログ辞めます」なんて言わなくていい。

 

余談

僕のブログの更新が少ないのはただただめんどくさいし、ネタがないから。

気持ち的には毎日書きたいけど、めんどくさくてネタがないというのが現実。

解決策は、朝にブログを書くことと、いろんなブログを読んでネタを探すことだと考えている。

 

以上。